一番のお返しは病気やケガからの回復

一番のお返しは病気やケガからの回復
病気やケガが全快したら、お世話になった方やお見舞いに来て頂いた方に、全快の報告をかねて「快気祝い」としてお返しするのが一般的です。これはあくまでお祝いであってお返しではないので、必ずしなくてはいけない性質のものではありせん。現在では、御見舞いをいただいた方へのお返しという意味合いで、快気祝いを贈る方が多くなっています。見舞っていただいた金額の3分の1から2分の1。

贈る時期と品 退院や床上げ後、10日ぐらい。贈る品は、病気が残らないようにということで、お菓子類(クッキーチョコレートなど)、石鹸、タオルなどが多いようです。表書き「快気祝」「快気内祝」水引は紅白結び切り、のしつき。

従来はお見舞いのお礼を兼ねて「快気祝い」として自宅にまねいたり、内祝いの品を届けたりしました。下段に病気をした本人の名前。なんといっても一番のお返しは病気やケガからの回復ですので本人の気を使わせずに家族や周りの人が手配してあげましょう。

いただいた金額がまちまちでも、一律で贈ってかまいません。会社関係で部課などからという場合は「○○課御一同様」としてお菓子などを贈る場合が多いようです。また、御見舞いをいただいていない方でもお世話になった医師や看護師などの方にも快気祝いを贈る気づかいも必要かと思います。

| 退院

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。